本日24時「NHKニッポンのジレンマ」にやさと農場が出ます!

今夜のNHK「ニッポンのジレンマ」で、やかまし村がある茨城県やさと農場が出ます! 農場スタッフの2人が、新世代による新しい幸福のかたちを、少し語ります! NHK「ニッポンのジレンマ」4月28日(土)24:00~25:00 “絶望の国”の幸福論2013 希望はないけど、幸せ・・・ そんな若者が増えているという。 その心の奥に潜むものは・・・? 新世代による新しい幸福のかたち、語ります! http://www.nhk.or.jp/jirenma/ MC:古市 憲寿、青井 実アナウンサー ゲスト:安藤 美冬、小室 淑恵、水無田 気流 こんなお話。共感です。

続きを読む »

【4月3日】手作りレストランinやかまし東京~お花見編~

  • 2011年03月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「手作りレストランinやかまし東京」のご招待 (*^¬^*) ┳┳ ヽ(^▽^ゞ) ゴハンゴハン♪ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 大好評の「『やかまし東京シェアハウス』で手作りレストラン」! 第5回は、桜の季節ということで、外に飛び出します! お弁当を作って公園でお花見をしましょう☆ 手作りレストランとはみんなで一緒に作った手料理を、テーブルを囲んで おいしくいただくという、家庭的なレストランです。 みんなで飲みに行くことはあっても、手料理を囲むことって少ないと思います。 でも、一緒にご

続きを読む »

農家のこせがれ応援ソング

  • 2010年04月20日
突如として入隊志願者が増えた夜。 ビリー隊長の激励の声が響くリビングです。 さて、本題! 丸の内朝大学の農業クラスの講師だった方から、素敵なお知らせをいただきました。 なんと、農家の応援ソングができたそう!! 元々サラリーマンだった人が、脱サラして就農。 一般的には、それって嫌々なんじゃない?・・・と思われがちだけど 美味しくて安全な食へのこだわりとか、親子のつながりとか、 たぶん都会でサラリーマンをやってるだけではわからなかったいろんな気付きがそれぞれ皆さんにあるんだと思います。 そんな皆さんの素敵な就農ライフが垣間見れて、元気が出る素敵な歌☆ とりあえずポチっとクリックしてみてくだ

続きを読む »

「かぞく」という言葉について考える

  • 2010年04月13日
ちぃです。 ケントさんに続き、農大の機関紙からの抜粋。 「やかまし東京シェアハウス ― 彼らは、仲間・疑似家族としてお互いを意識し・・・(省略)」 そう言われてみれば・・・。 うちでは度々、「かぞく」という言葉が使われます。 例えば月に1度のミーティングは「かぞく会議」(食費の精算や生活のルール決め)。 年に1度の親睦を深めるのは「かぞく旅行」(みんなでちょっと遠出の旅行)。 みんな宛の一斉メールの冒頭には「ふぁみりーへ」と書くことも。 そんな話をすると多くの人は興味深げな表情だったり困惑顔だったり。 某大学のO教授に関しては「わからん!」と一喝でした。 でも、「かぞく」という言

続きを読む »

やかまし東京、農大デビュー

  • 2010年04月10日
今日はシェアハウスの女子がそろいもそろって「実家に帰らせていただきます!」状態です。 ・・・あ、取り残されてるっ(笑) そんなこんなでぽつんと取り残されたダンナさんの如く、今日はのんびり過ごしました。 最近イベントとか取材とかでいろいろと忙しかったからね、たまにはこんな休日もいいものです。 さて、今日の嬉しいご報告。 やかまし東京シェアハウスが、東京農業大学デビューしました! ・・・ちょっと盛りました。 以前、農大のゼミ生がインタビューをしに来てくれたのですが、(その様子はコチラ)、完成した機関紙を送ってくれたのです。 メイン特集は「岐路に立つ有機農業運動」。日本における有機農業の

続きを読む »

春のやかまし東京見学会

  • 2010年04月5日
ケントです。 やかまし東京シェアハウス 見学会のご案内でお知らせしていた見学会を開催しました~ シェアハウスの魅力を伝える見学会も、新居に移ってから2回目です。今回の特徴は、、 [1]シェアハウスでの生活がグレードアップしましたよ。 1月からそれぞれの住人が6つのチームに分かれて部活動をしています。 ・村的イベント部・・・見学会やあさんぼの企画 ・村的生活部・・・環境にやさしい洗剤の購入 ・インテリア部・・・家の中をもっと魅力的に。 ・記者クラブ・・・取材の対応やホームページ管理 ・大使館・・・シェアハウスに入りたい人がスムーズに入れるような仕組みづくり。 ・総務省・・・シェアハウスの

続きを読む »

ちひの知恵袋

  • 2010年04月4日
ちひです。 暖かい日と寒い日が交互にあって、だんだん春になっていくんだろうな。 桜っていっつも寒い中、気心知れたやつらと、寒いねぇっていいながら 体寄せ合って見て回るイメージ。 今年はみんな誰と桜を見に行ったのかしら? さて、そんなセンチメンタルな話はともかく、なんでも私がたまーにちょっとしたうんちくを語るため、やかまし村の○○さんっ的なものやってよ、って言われましてね。 ○○さんっての私の心に刺さらなかったので、おばあちゃんの知恵袋的なちひの知恵袋のコーナーを設けました。 そんな対した話はないんですけど、そんじゃ書くかって今に至ります。 このコーナーそんなに続くんですかね?? 春いめい

続きを読む »

ウマウマなものがいっぱいの我が家

  • 2010年03月10日
最近さぼり気味だったゆきです☆ すいませーーーん。 これからはしっかり書いて行こうと思います。 さて、共同生活をしているとみんな色々変化があるそうです。 例えば旅行に行くとお土産を選ぶ楽しさ。 おいしいものをみんなの為にお取り寄せしようという心。 一人暮らしをしているとお土産は会社に買うぐらい(しかも私なんかはテキトーな安いやつ選んでましたorz)。わざわざおいしいものをお取り寄せしようと思っても量が多すぎて意外にやらないんですよねー。 共同生活をすると、出張や旅行に行くと適当なものではなく、「これ買ったらふぁみりーが喜ぶかなー」とか思うんです。 だからおいしいものを買って帰りたくなる。

続きを読む »

四畳半プロジェクト

  • 2010年02月21日
四畳半。 この言葉にあなたは何を思うでしょうか? 日本の伝統、茶室? 「神田川」に代表されるフォークソングの世界? 主に京都の苦学生? ←完全に好きな小説の影響です。偏見とかではないので。念のため。 私にとっての四畳半、それはダイレクトに ・・・私の部屋。 今の家の一番大きい部屋と一番小さい部屋では、実に3倍近くの面積比があります。 部屋の割り当ては公平に身長順、 なんてことはもちろんないんだけど、何にでも手が届く空間になんとも言えない安心感を感じるのは事実。 大学の寮の一人部屋も大体こんなサイズだったし。 ということで、自ら望んで手に入れた四畳半ライフなのです。 しかし、そこは何

続きを読む »

農大シスターズ来たる

  • 2010年02月15日
去年一年間は農業ブームということもあって、様々な人たちがやかまし村やシェアハウスに興味を持ってくれました。 そのおかげで新聞に載ったり、雑誌に載ったりした訳ですが、そんな私たちに熱い視線を送ってくれている団体がもう一つ。 東京農業大学・・・!! 正確には、農大のある研究室の教授とそのゼミ生。 研究室のテーマの一つである産消提携の調査でやさと農場に訪れた際にやかまし村のことを知り、そこから私たちともお付き合いがスタートしました。卒論で言及してくれるゼミ生なんかもいたりして、実は学術的な研究対象になってたのです、やかまし村。 彼女たちはやかまし村イベントやシェアハウス見学会にも参加してくれてい

続きを読む »

1 / 212

▲topページにもどる
sidewraptop